DVD製品激安購入!

1件~10件 (全59件)

件表示
ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
昇順

 女優の戸田恵梨香と俳優の成田凌が真剣交際をしていると、本日付のサンケイスポーツが報じた。

 2000年に女優デビューした戸田は、シリアスからコミカルな役まで幅広く演じる人気実力派女優で29歳。

 一方の成田は、戸田の6歳下の23歳。身長181センチで、ファッション誌「メンズノンノ」の専属モデルとしても活躍する傍ら2014年に俳優デビューし、現在ブレーク中の若手イケメン俳優だ。

 複数の関係者によると、2人はフジテレビ系列のドラマ『コード・ブルー』の共演をきっかけに知り合い、6月のクランクイン後、演技の相談や意見交換をする内に意気投合。ほどなく交際に発展したという。9月に行われたドラマの打ち上げの席では、隣に座り仲睦まじく会話をしていたそうだ。

 また、2人でドライブをしていたという目撃情報もあり、公私ともに充実する2人の動向に注目が集まる。

 

 

【関連記事】

井上真央は男前 “相棒”及川光博が暴露「士気が高まる」

夏帆&染谷将太&東出昌大を黒沢監督が絶賛!「ハイレベルな鬼気迫る演技」

Posted By nyy seo

井上真央は男前 “相棒”及川光博が暴露「士気が高まる」

2017年10月11日水曜日 18時02分54秒 Asia/Tokyo

女優の井上真央(30)が11日、関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)制作発表会見に及川光博ら共演者とともに出席。井上にとって約2年ぶりの連ドラ主演でスクールカウンセラーを演じる井上は「わたし自身もスタッフ・キャストの声なき声を聞いて『(台)本が遅いぞ』とか『お弁当がイマイチだぞ』とかちゃんとスタッフさんの声を察して現場が滞りなく進むようにしたい」と力強く約束した。

 そんな頼もしい座長ぶりをみせる井上に及川は「結構真央ちゃんは男らしいところがある」といい「ちょっと空気がダラっとすると、撮影が再開すると『ヨォッ』って掛け声をかけてくれる」と暴露。井上が「ただ声を大きく出すって言う…それくらいしかできない」と照れ笑いすると及川は「士気が高まる」と感心していた。

 同ドラマはある日不可解な死を遂げた男子高生の謎に井上演じるスクールカウンセラーの藍沢日向が迫っていくヒューマンミステリーをオリジナル脚本で描く。日向の良き理解者となる数学教師・霧島直樹を演じる及川は「真央ちゃんの相棒ということで昔取ったきねづかでありますが“相棒”役には慣れているのでしっかりサポートしていきたい」と代表作『相棒』にかけてどっとその場を沸かせた。

 男子高生の母親で、息子を愛するあまり異常な執着心をみせる吉岡真紀子を演じる仲間由紀恵は、現場ではかわいいけど怖い“カワコワ”と呼ばれているそうで「学校ロケがあったんですけど、生徒たちからなにもしゃべってないのに恐れている感じがした」とガックリ。井上は「仲間さんが来るといい香りがしてみんなテンションあがってます」としっかりフォローしていた。

 この他、工藤阿須加、白洲迅、新川優愛、佐久間由衣、青柳翔、羽場裕一、手塚理美らが参加。17日より放送開始。

 

 

【関連記事】

夏帆&染谷将太&東出昌大を黒沢監督が絶賛!「ハイレベルな鬼気迫る演技」

星野源、自身の音楽ルーツ込めたツアー「Continues」6万人熱狂のたまアリで幕

Posted By nyy seo

映画『散歩する侵略者』から生まれたスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」の完成披露試写会が9月11日にスペースFS汐留で開催され、夏帆、染谷将太、黒沢清監督が登壇。黒沢監督が役者陣の鬼気迫る演技を讃えた。

劇団イキウメの人気舞台を黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』。「予兆 散歩する侵略者」は、『散歩する侵略者』のアナザーストーリーを新たな設定、キャストで黒沢監督がスピンオフドラマとして製作したもの。映画とはまた違った侵略サスペンスが展開する。

黒沢監督は「設定が秀逸。この設定を映画だけで終わらせるのはもったいないと思っていた」と基となった舞台の設定に感心しきり。「設定は同じで、同じ時間軸に、隣の街では何が起こっていたのかという発想のもと、もう1本作れないかと思った」と本作の成り立ちを解説した。

黒沢組に初参加となった夏帆は「とにかく緊張していました。ずっと黒沢組に憧れていて、黒沢組に参加するというのがひとつの目標でもあった」と夢が叶った瞬間だったという。「自分でも『しっかりしよう』と思うくらいずっとフワフワしていて。緊張感はあるけれど、萎縮してしまう緊張感ではなかった。すごく気持ちのいい現場だった」と充実の表情を見せていた。

染谷は『リアル〜完全なる首長竜の日〜』以来、2度目の黒沢組への参加となった。「黒沢さんの現場は楽しい」と「楽しい」を連呼し、「日々、面白い。起きていることが面白いし、黒沢さんがポロっと言う一言が面白くて。すごく楽しかった」とこちらも喜びを噛み締めていた。

また黒沢監督の現場は、染谷が「晩飯が家で食べられる。最高でした。なかなかそんな現場はない」と言うように、健康的な“ホワイト”な現場だそうで、夏帆も「毎日家でご飯が食べられる。こんな現場があるんだと思った」と驚愕。黒沢監督は「社会人として当たり前。普通だと思います」とサラリと語り、会場の笑いを誘っていた。

黒沢監督はそんな2人と、もう一人の主要キャストの東出昌大について「よくついてきてくれた」と感服。「かなりやりづらいことはあったはず。よくこんなハイレベルな鬼気迫る演技を3人ともがやってくれた」と彼らの演技を大絶賛していた。

 

 

 

【関連記事】

星野源、自身の音楽ルーツ込めたツアー「Continues」6万人熱狂のたまアリで幕

櫻井翔“お客さま”の大野智に指示を連発 「手伝うよ」の一言がまさかの展開に…

Posted By nyy seo

星野源が全国ツアー「星野源 Live Tour 2017『Continues』」の追加公演を9月9、10日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催。この記事では10日公演の模様をレポートする。

星野の地元である埼玉で行われた追加公演のチケットはソールドアウト。2日間合計で6万人を動員したこのライブでは最新曲「Family Song」を含む全22曲が、石橋英子(Key, Marimba, Flute)、長岡亮介(G / ペトロールズ)、河村“カースケ”智康(Dr)、伊賀航(B)、櫻田泰啓(Piano, Key)、武嶋聡(Sax, Flute)、村上基(Trumpet / 在日ファンク)、岡村美央(Violin)、伊能修(Violin)、菊池幹代(Viola)、今井香織(Cello)という豪華面々を従えて演奏された。

会場が暗転し、ライブは“歌謡曲先輩”(CV:大塚明夫)とその“後輩”である“J-POP”(CV:宮野真守)によるボイスドラマで幕を開ける。星野が提唱する音楽ジャンル“イエローミュージック”のライブに“歌謡曲”と“J-POP”が足を運ぶシーンが終わると、星野はマリンバと共にステージに登場した。彼はマレットを手にマーティン・デニー「Firecracker」のカバーをマリンバで演奏。銅鑼の音が鳴るとポーズを決めた。

「化物」のイントロが鳴る中、星野が「こんばんは! 星野源でーす!」と手を振ると会場からは「待ってました」と言わんばかりに大歓声が沸き上がる。星野と長岡のギターアンサンブルから始まる「桜の森」、メロウな「Night Troop」「雨音」と3曲続けた星野は、5月にリリースしたミュージックビデオ集「Music Video Tour 2010-2017」の話題を切り出す。MV集の中でも語っていたが、東日本大震災をきっかけに生み出す楽曲が徐々に明るいものへと変化していったこと、それに伴って自分の顔つきまでもが変わっていったことなどを明かした。そんなMCを経て、星野は1stシングル「くだらないの中に」、2ndシングル「フィルム」、3rdシングル「夢の外へ」、それぞれの表題曲を3曲連続で披露。デビュー初期のナンバーで観客を魅了し、一度姿を消した。

星野がいなくなるとスクリーンではザ・バカリズム(バカリズム)、“TOKAKUKAミュージシャン”ドラゴン(ロバートの秋山竜次)、J太郎(バナナマン)という星野と旧知の仲の“一流ミュージシャン”からのビデオメッセージが上映される。会場が笑いに包まれる中、センターステージに登場した星野はアコースティックギターの弾き語りで22歳の頃に作った「穴を掘る」を歌唱。20歳の頃に聴いて衝撃を受けたNUMBER GIRL「透明少女」のカバーを披露する前には、大好きだった祖母との思い出を語った。中学生の頃に曲作りを始め、カセットテープに録音をして3本のアルバムを作ったという星野。彼は、当時は聴かせる宛がなかった自分の曲を、今こうして3万人の前で歌えることへの喜びを噛み締め、1stアルバム「ばかのうた」収録の「くせのうた」を弾き語った。

今年5月にNHK総合で放送され大きな話題を集めた特番「おげんさんといっしょ」で演じた“おげんさん”の口調で星野は「バンドたち、行くわよー!」と後半戦開始の狼煙を上げる。バンドメンバーがYellow Magic Orchestra「Mad Pierrot」を演奏している間に星野はメインステージへと移動。そのままなだれ込んだ「時よ」のラストではELEVENPLAYのダンサーと共に、MVでも披露しているダンスを踊った。

その後、星野はこの日のセットリストに込められた思いやツアー「Continues」で伝えたかったことを観客に話す。彼は「Firecracker」を聴いて細野がYMOを結成したこと、そのYMOの「Mad Pierrot」を聴いて衝撃を受けた星野が「時よ」を作ったこと、そしてこれらの楽曲を1つのライブで披露することで「音楽は続いていくし、どんな音楽も全て未来へつながっていく」ということを表現できたうれしさを露わにした。さらに彼は「僕の曲も全部つながっていると思っていて、昔に作ったシングルのカップリングやアルバムの曲……それが1個でも欠けていたら、今作る曲はまったく違う曲になっていた」とも語った。

「ギャグ」でスタートした終盤戦は「SUN」「恋」とヒット曲のオンパレードに。観客と一緒に“恋ダンス”を踊った「恋」のラストでは金テープが発射され、そのまま突入した「Week End」では大合唱が巻き起こる。星野はアンコールまでの流れをいつものように説明し、ラストナンバー「Continues」を歌ってステージを下りた。

星野の予告通り行われたアンコールはオープニングと同じく“先輩”と“後輩”のボイスドラマでスタート。寺坂直毅演じる“イエローミュージック”もボイスドラマに参加し、彼が口上を読み上げると星野のライブではおなじみの“ニセ明”が登場した。“ニセ明”は「君は薔薇より美しい」をセンターステージで歌ったあと、メインステージへと移動し、鼻息を荒くしながらバンドメンバーやELEVENPLAYのメンバーとトーク。最後に星野の「Drinking Dance」をカバーし、出番を終えた。「Family Song」で始まったダブルアンコールで星野は「本当に幸せ者です。これからもいろんな人に曲を聴いてもらえるようにがんばります」と抱負を語り、最後に「Friend Ship」を披露。笑顔でギターをかき鳴らし、ライブを締めくくった。

星野源 Live Tour 2017「Continues」2017年9月10日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト
01. Firecracker(マーティン・デニー カバー)
02. 化物
03. 桜の森
04. Night Troop
05. 雨音
06. くだらないの中に
07. フィルム
08. 夢の外へ
09. 穴を掘る
10. 透明少女(NUMBER GIRL カバー)
11. くせのうた
12. Mad Pierrot(Yellow Magic Orchestra カバー)
13. 時よ
14. ギャグ
15. SUN
16. 恋
17. Week End
18. Continues
<アンコール>
19. 君は薔薇より美しい
20. Drinking Dance
<ダブルアンコール>
21. Family Song
22. Friend Ship

 

 

【関連記事】

櫻井翔“お客さま”の大野智に指示を連発 「手伝うよ」の一言がまさかの展開に…

新垣結衣、女優としてもチームを引っぱる存在へ 『コード・ブルー』9年間の成長を振り返る

Posted By nyy seo

 櫻井翔大野智が出演する、コードレス・スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」の新CM「場所に合わせて掃除」篇と「掃除は立体的に」篇が、12日からオンエアされる。

 2010年から、日立白物家電シリーズイメージキャラクターを務めている嵐。これまでも、櫻井が同社のさまざまな製品を紹介するショールーム「櫻井ショーROOM」の支配人という設定で、各回、メンバーを“お客さま”として招き、最新家電を紹介してきた。

 今回の「場所に合わせて掃除」篇では、大野が客として「櫻井ショーROOM」を訪問。「パワーブーストサイクロン」を使って掃除をしている櫻井を見て「どうしたの?」と尋ねる。困り顔で「最近忙しくて(全然掃除できてないんですよ)」と返事をした櫻井に、大野は「手伝うよ」と申し出る。

 これを聞いた櫻井は「こうすると楽だから」と言いながら、目前で製品本体と「スマートホース」を接続して見せる。その後、大野は「ラクラク~」と、軽快に機体を操作してショールームの階段をきれいにしていく。

 続いて「上はこれ」と、延長パイプの先に「ほうきブラシ」を取り付けた櫻井。大野はまたも「ラクラク~!」と、笑みを浮かべながら壁面に飾られた絵画上部を掃除していく。

 さらに「次はこれ」と言いながら、櫻井が延長パイプの先に「ミニパワーヘッド」をはめ込む。「場所に合わせてできるんだねぇ~!」と感心する大野をよそに「お客さん来ちゃうよ」と製品を少し強引に手渡し、掃除を促す櫻井。「俺もお客さん…!」と突っ込みながらも、しっかり“従業員”であるかのようにソファを掃除する大野だった。

 大野の「手伝うよ」という申し出に、櫻井が「ありがとう」と製品を手渡すシーンの撮影ではハプニングが発生。大野が製品を持つ櫻井の手をなぜか包み込むようにそっと握りしめたのだ。突然の行動に驚いた櫻井は思わず声を出して笑い、「カット」と声が掛かると、「(受け取るのが)早いよ。手を持っちゃってるし!」とすかさず突っ込みを入れた。これには、大野も「ふふっ」と恥ずかしそうな笑みを浮かべた。

 

 

【関連記事】

新垣結衣、女優としてもチームを引っぱる存在へ 『コード・ブルー』9年間の成長を振り返る

『コード・ブルー』有岡大貴と『ウチの夫』薮宏太、先輩から何を学ぶ? “生意気な後輩”役を読む

Posted By nyy seo

 「ガッキーは正義!」とまで言われるほど、現在の女優の中でも絶大な人気を誇る新垣結衣が、前作より7年ぶりとなるドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』に出演中だ。1stシーズンから9年、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らの主要キャストが奇跡的に再結集し、放送前から話題を呼んだこの作品。新垣は、役柄だけでなく、女優としてもチームを引っぱる存在として成長した姿を見せている。そんな彼女の同ドラマにおける9年間の成長ぶりを考察してみたい。

 1stが始まったのは2008年7月で、新垣が20歳になった直後。前年は『パパとムスメの7日間』(TBS系)や映画『恋空』など、女子高生役で数多くの作品に出演していた。そんな中、そろそろ高校生役からの脱皮を計ろうとしていたタイミングで、出演となったのが『コード・ブルー』だ。2ndは2010年の放送で、その前後の新垣は、映画『BALLAD 名もなき恋のうた』や『ハナミズキ』(TBS系)など、真面目な純愛のヒロインを演じている時期。女優として確実に成長しているが、真っ直ぐすぎるキャラとしては2ndの役柄に通じるところがある。

 かつて新垣演じる白石恵は、「医学書オタク」と呼ばれるほど知識がある優等生だったが、性格は受身がちで常に失敗を恐れていた。だがある事故現場で、白石は救命センターのエースで良き指導者であった黒田脩二(柳葉敏郎)にケガを負わせてしまい、医師の道を断念させてしまう。2ndではそんな黒田の医師を引き継ごうと、必死に勤務に励み医師としては成長するが、余裕と人としての温かみがなくなり、仲間たちと衝突することになる。

 そして3rdシーズンは、29歳を迎えた年でちょうど20代の集大成となる。また若手女優からの脱皮を期待させるタイミングでの出演は実に興味深い。前回の第6話で白石が「今の私たちに求められるのは成長ではなく、結果、それだけだ」と語っていた。このセリフは、「若手なら失敗を積み重ねて成長していくものだが、もう若手ではない私たちに、俳優として求められるものは結果だ」と言っているようにも捉えられる。

 ただ正直、20代後半からの代表作である『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)や『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)などで培われてきた、可愛くてちょっとトボケたコメディキャラが非常にハマっていたため、内気で比較的おとなしい白石恵役を三度演じることは、彼女にとってメリットとなるのか? また今まで培われてきたものがリセットされてしまわないか? と、ちょっと不安な部分もあった。しかし、その不安をよそに1stから大人になった今を見事に演じている。

 フライトスタッフリーダーとなった3rdでは、「黒田先生の救命を超える救命を作る」を目標に若手の指導医としても奮闘する役。今回注目なのは、7年ぶりの役はもちろんだが、新木優子や成田凌といった今若手の中でも勢いのある俳優との共演だ。新垣が先輩の立ち位置から後輩と接する演技というのはあまり記憶がないので、どういった絡みを見せるのかが実に興味深い。役の白石としては、藍沢が「9年経ってお前はこの救命の良心になった」と言っていたように、新人たちに厳しく指導するが、フォローも忘れない、信頼のできる良き先輩となっている。山下が堅物なお父さんなら、新垣はそれを心配してフォローするお母さんのようだ。1stから見ている視聴者にとっては、あのテンパっていた白石がまさに黒田の代わりになりつつある姿は見ていて嬉しくなるだろう。

 新垣は後輩に対するあり方をインタビューで「頼って来てくれるのであれば、後輩に限らず自分の出来る範囲で全力で助けたいと思います。(中略)ですから、いつでも自分に余裕がある人間になりたいとは思います」(引用:公式サイト)と答えている。これは成長というよりも、これから30代を迎える役者としての新しい挑戦ではないだろうか。

 さらに今回の白石はチームリーダーということで、チームの輪を和ませるようなユーモラスな部分も目立つ。またアドリブも多いそうで、戸田との掛け合いや、山下へのツッコミなどは、最近の新垣のキャラクターを活かした演技のように感じる。これは、実際の5人が「みんなで演じているキャラクターの関係性にも似ていると思います。医療現場で闘う戦友でもあり、ライバルでもあり、そして一番の理解者でもある…という」(引用:公式サイト)と新垣が語るように、5人みんなが役者としての余裕が出てきて、絶妙なチームワークの良さを保っているからにほかならない。

 1stからの仲間たちのチームワークにせよ、今回の若手との絡みにせよ、新垣がいれば間違いないという安定した存在感にせよ、9年前にはなかったものだ。それらは彼女が培ってきた女優としての成長の結果ではないだろうか。特別ではなく普通だからこそ惹き付けられる不思議な魅力。藍沢が白石に、救命に戻ってきた理由について「救命にはお前がいる。お前は面白い」と言っていたが、まさに女優・新垣結衣の今にピッタリの言葉である。

 

【関連記事】

『コード・ブルー』有岡大貴と『ウチの夫』薮宏太、先輩から何を学ぶ? “生意気な後輩”役を読む

戸田恵梨香&浅利陽介「コード・ブルー」現場で一緒に誕生日祝い

Posted By nyy seo

 今期放送中のドラマは、Hey! Say! JUMPメンバーの好演が目立つ。『コード・ブルー -ドクターヘリ救急救命- THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)に有岡大貴、『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)に薮宏太が出演中だ。

 有岡と薮の演じる役には、奇しくも“生意気な後輩役”という共通点がある。有岡が演じるのは、フライトドクター候補生の名取颯馬。父親は名医として名を馳せており、かつ「名取総合病院」の院長兼経営者というお坊ちゃんだ。その血を継いでか、名取自身も医師としての技術は高い。しかし医療に対する情熱がなく、先輩ドクターたちに生意気な態度を取ったり、注意されてふてくされたり、なかなかに面倒くさいタイプの人物だ。

 薮が演じているのは、主演・錦戸亮が勤務するイベント会社の社員・田所陽介。外面がよく、要領がいいタイプだが、実は嫌味で陰湿な性格の持ち主である。錦戸が演じる小林司の後輩であるにも関わらず、面と向かって嫌味を言うことも少なくない。とはいえ、小林に対して笑顔を向けることもあり、かわいい一面があったり、意外と素直な部分もあったりする。有岡演じる名取と薮演じる田所は、「生意気な後輩」という共通点はあるものの、キャラクターの根本に大きな違いがあるのだ。

 そしてそのキャラクターの違いは、役と演者の間の距離感にも大きく関わっている。薮と田所は一見するとかなり異なるキャラクターに見える。先輩に向かって「やっぱニモちゃん(会社のお荷物)だな」、「なにニヤニヤしてんだ」など、薮が実際に言うはずもない台詞が次々と飛び出す。しかし、「クールに見えるが実はかわいい」という部分は、薮自身と共通していると言える。8月19日放送の第7話にあった、小林から桃を受け取るシーン。満面の笑みで桃を受け取った田所の笑顔は、“薮スマイル”そのものだった。時折見える無邪気さが、いつもの薮を彷彿させる。

 一方、有岡と名取のギャップは大きい。いつもニコニコしており、メンバー内でもどちらかというといじられることが多い有岡だが、名取はプライドが高く、いじってはいけないタイプだ。実際有岡はこんなコメントをしている。

「僕は演じていてモヤモヤしてしまいます。楽しいシーンでは僕だったら笑ってしまうのを“ガマンガマン”と抑えなくてはなりません。他でも、やはり一歩引いている感じです。初療室でも、みんなが固まって動いているのに名取だけ違うので少し寂しいです。正直、僕自身はみんなの輪に入りたいと思ってしまいます」(引用:公式サイト)

 これだけ真逆のキャラクターにも関わらず、視聴者に「名取は嫌な奴」と思わせられる有岡の演技力は高いと言っていいだろう。今回、有岡も薮もそれぞれ山下智久、錦戸亮と、実際にジャニーズ事務所の先輩と共演をしている。

「直接芝居のアドバイスをもらったりはしなくても、近くで見ているだけで勉強にもなりますし、刺激にもなりますから。(有岡)」(引用:公式サイト)

「ドラマの中での錦戸くんは同じ部署のダメな先輩役ですが、ジャニーズ事務所では尊敬する先輩です。しっかり目に焼き付けて沢山のことを学びたいと思います。(薮)」(引用:薮宏太、錦戸亮と初共演! 「ウチの夫は仕事ができない」佐藤隆太&壇蜜らが参加 | cinemacafe.net)

 こうコメントしていることからも、二人がそれぞれ先輩から学びながら成長していってることが伺える。ドラマの中の「生意気な後輩」が少しずつ人間力を上げていくのと同じように、有岡・薮もそれぞれのドラマを通じて成長しているのだろう。ドラマの放送も後半戦に入ってきたが、まだまだ目が離せない。

 

 

【関連記事】

戸田恵梨香&浅利陽介「コード・ブルー」現場で一緒に誕生日祝い

「君の名は。」がコップのフチに!初のフィギュア化で瀧&三葉アニメ版名シーンを再現

Posted By nyy seo

 フジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)に出演している女優の戸田恵梨香(29)と俳優の浅利陽介(30)の誕生日祝いが、2人が同局のスタジオに揃った18日、行われた。

 戸田が8月17日生まれ、浅利は8月14日生まれ。この日はドクターヘリの要請が入るシーンを撮影。いつも通り撮影の流れの確認が終わると、スタッフから突如、誕生日を告げる大きな声。キャストとスタッフが驚く2人を囲み、「ハッピーバースデートゥーユー」を歌い上げた。

 特製のバースデーケーキが運び込まれ、ろうそくの火を消す2人。戸田は「これからも楽しくいきたいと思います!」とあいさつ。浅利が「30歳という節目で『コード・ブルー』に出演できて、本当にうれしく思います」と述べると、すかさず横から主演の山下智久(32)が「(浅利が)踊ってくれるらしいよー」。浅利はためらいながらも、掛け声に乗せられるまま楽しい即興ダンスを披露した。チームワーク抜群の『コード・ブルー』らしく、誕生日祝いも笑顔あふれるひとときとなった。

 

 

 

【関連記事】

「君の名は。」がコップのフチに!初のフィギュア化で瀧&三葉アニメ版名シーンを再現

『コード・ブルー』山Pとガッキー、7年ぶりの再会にファン歓喜

Posted By nyy seo

アニメーション作品「君の名は。」がコップのフチになって登場。PUTITTOシリーズ第92弾「PUTITTO 君の名は。」がカプセルトイで発売される。

日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞したアニメーション作品「君の名は。」。2016年8月公開の劇場版アニメでは、『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』の新海誠監督がメガホンをとり、神木隆之介・上白石萌音らを声優陣に迎え、山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)と、東京に暮らす男子高校生の瀧(たき)の奇跡の物語を描いた。

キタンクラブが打ち出す、コップのフチ版「君の名は。」では、ファンにはたまらない名シーンを再現。オープニングのワンシーンを切り取った、お互いに探し合う「瀧」と「三葉」、そしてペンなどの小道具まで完全に再現した「瀧(顔に落書き)」「三葉(顔に落書き)」、さらに「瀧(入れ替わり)」、「三葉(入れ替わり)」の全6バージョンがラインナップする。どれも衣装まで細かく再現されているので、360度どこからでも「君の名は。」の世界観を楽しめるようになっている。

 

 

 

【関連記事】

『コード・ブルー』山Pとガッキー、7年ぶりの再会にファン歓喜

Rihwa、吉高由里子が殺人者演じる映画「ユリゴコロ」主題歌を書き下ろし

Posted By nyy seo

 2008年、2010年とシリーズ化された大人気医療ドラマの第3弾『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が17日に放送。視聴者からは「ガッキーと山Pの組み合わせは反則」、「山Pとガッキーの2ショット最高すぎる」と、主人公・藍沢耕作を演じる山下智久と、ヒロイン・白石恵を演じる新垣結衣との7年ぶりの再会を歓喜する声が続出している。

 本作は、ドクターヘリをテーマに取り上げた医療ドラマ。2008年の1st seasonでは、翔陽大学附属北部病院救急センターに赴任してきたフライトドクター候補生が研修を受ける中で、救急救命や災害医療に奮闘する姿が話題を呼んだ。2年後の2010年に早くも放送された続編(2nd season)では研修修了までが描かれたが、本作では7年経った今、それぞれの道を歩き出している彼らにフォーカスが当たっている。
 
 そんな中、藍沢(山下)は一人救命救急センターを離れ、脳外科医として研さんを積む日々を過ごしていた。しかし、ある街で開かれた七夕祭りで山車が倒れて見物客などが多数負傷する事故が発生。フライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘していた白石(新垣)はこの大惨事を前に、藍沢に助けを求める……という展開だった。
 
 放送後のSNS上では、「ガッキーと山Pの組み合わせは反則」、「山Pとガッキーの2ショット最高すぎる」と、1st seasonから数えると足かけ9年の2人の再会に歓喜する声が相次いだ。さらに白石が藍沢に言った「あなたは絶対命から逃げない」、反対に藍沢が白石にかけた「救命にはお前がいるから」といった会話を交わす彼らから、時間が経っても変わらない固い絆に感動したファンもいた。

 もちろん、 「藍沢先生 出動 この時を待ってたよーー!「山Pおかえりなさいー」と、山下の医師姿に喜ぶ声も。

  さらに「コードブルーの山Pヤバイ あんな先生いたらずっと入院してたいわ」「逃げ恥のガッキーよりコードブルーのガッキーの方が好きです」「戸田恵梨香がかっこいい大人の女性になってる」「比嘉愛未の寝起きパジャマが見れて最高でした」と、再集結したキャストそれぞれの姿を称賛する声も多く寄せられている。

 『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』はフジテレビ系にて、毎週月曜21時から放送。

 

 

【関連記事】

Rihwa、吉高由里子が殺人者演じる映画「ユリゴコロ」主題歌を書き下ろし

ソン・ヘギョ&ソン・ジュンギ、10月結婚へ

Posted By nyy seo

1件~10件 (全59件)

件表示
ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
昇順