大学から卒業した後、宮崎駿は1963年4月に東映アニメーション会社に入って、アニメーターの仕事を勤めています。宮崎駿は次男のため、家を継ぐ長男がいるので自分の好きな職業を選ぶことができます。漫画を諦めてアニメを選択する原因は、本人によって、自分の作品が手冢に真似てと言われたので、しかも、自分はそう思わない場合。宮崎駿 は自分が手冢のような漫画家を越えられないと思っているので、そして、オリジナルなくてもいいのアニメを選択しています。
  東映アニメーションは東映映画がアニメ映画株式会社を吸収して設立した。1961年で手冢の虫pro成立前にはほとんど日本唯一アニメーション制作の企業、1961年手冢の虫proが成立する前にはほとんど日本唯一アニメーション制作の企業、強力な人文の息と伝統を持っています。虫proは、低い価格のテレビアニメで注目されました、当時のコストが高い、画面精細、伝統的なアニメーション映画は、やはり東映の天下です。宮崎は東映入る時ただの底辺の原画者です。その時、戦後ので社会で民主の雰囲気が溢れています。宮崎駿 DVD作品の多くのものがすべてみんなで討議、決定する。そして勤勉、高学歴の宮崎が討論で頭角を現す。その非凡な才能が発見された後、主なプロデューサーに昇進して、そして東映アニメーションの公会書記長として務めた。