香港で開催されるファッションショー「東京ガーリーモード」にモデルとして出演することになった七瀬美雪(川口春奈)は私立不動高校の2年生。
突然失踪した有名中国人モデルの代役として抜擢された美雪について香港まできたのが、幼馴染みの金田一少年の事件簿金田一はじめ(山田涼介)と後輩の佐木竜二(有岡大貴)。
普段は能天気でお調子者のはじめだが、実はかの名探偵・金田一耕助の孫。
(注:金田一耕助とは、『犬神家の一族』『八つ墓村』など、横溝正史の推理小説の主人公で日本を代表する名探偵。冴えない外見とは裏腹に、どんな難事件でも解決する)
香港観光を満喫する3人だったが、突然、美雪が姿を消してしまった。
美雪を追って街に駈け出したはじめは、長い坂道をスケボーで疾走し追いかけるが、見失ってしまう。

途方にくれるはじめに、「けいさつにいえばおんなのいのちはない」という携帯メールが届く。メールには誘拐された美雪の映像が添付され、しばらくすると血まみれの画面に変わり、そこには「毒龍」という文字が……。

その誘拐事件からほどなく、はじめと佐木は美雪そっくりな少女と出会う。
彼女こそ「東京ガーリーモード」に出るはずだった失踪モデル、ヤン・ラン(川口春奈)だった。彼女に事情を打ち明けると、ランは「あたしと間違えられてさらわれたのかも」と言い始める。
彼女の身体には九龍の財宝の在り処を示すと言われるタトゥーがあったのだ。その財宝を狙った誰かが美雪を誘拐したのではないか…
そこではじめは「しばらく美雪のフリをしてもらえないか」と提案する。ランをおとりにして犯人を捜し出そうというのだ。

快く引き受けてくれたランと共にはじめと佐木はファッションショーが開催される会場へ向かった。そこで3人を出迎えたのは、「東京ガーリーモード」を運営しているファッション・プロモーターで美雪をスカウトした瀧川龍太(桐谷健太)。
さらに香港のプロモーター、チャン・ヨングー(矢野浩二)とデザイナーのリュウ・アイビー(ビビアン・スー)に挨拶するはじめたち。
会場にはショーの警護と称して、リー・バイロン(ウーズン)と名乗る台湾保安警察の刑事も登場した。