高橋留美子「犬夜叉」の新作読み切りが、本日2月6日発売の週刊少年サンデー10号(小学館)に掲載されている。東日本大震災の被災地を復興支援するプロジェクト「ヒーローズ・カムバック」の一環だ。

犬夜叉」は2008年まで連載されていた、妖怪退治に主軸を置いた冒険活劇。単行本は全56巻が発売されており、1月からは全30巻仕様のワイド版の刊行も開始された。新たに執筆された読み切りは「あれから」のタイトルで、本編最終回から半年後の出来事が描かれている。この特別編は、ワイド版「犬夜叉」最終巻に収録予定。発売時期は2015年と告知されている。

なお週刊少年サンデーでは2月13日発売の11号と2月20日発売の12号で荒川弘、続いて13号と14号で椎名高志の「ヒーローズ・カムバック」作品を掲載していく。「ヒーローズ・カムバック」には細野不二彦、ゆうきまさみ、吉田戦車、島本和彦、藤田和日郎とそうそうたる面子も作品を寄せており、2013年3月中旬発売で単行本化も計画されている。必要経費を除いた収益・印税はすべて寄付にあてられる予定だ。