刑事ドラマ御用達の俳優2人が面目躍如だ。小栗旬(34)と西島秀俊(46)がタッグを組んだドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系、火曜21時)。11日放送の初回視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進を切ったのだ。

 直木賞作家の金城一紀氏が5年もの構想を経て、原案・脚本を手がけたドラマ。1年前から指導を受けたという小栗と西島の本格アクションを看板に掲げ、2人を含む秘密部隊の5人が難解な捜査に挑む警察アクションエンターテインメントだ。放送ライターの堀江南氏は、「スピード感たっぷりでグイグイ引き込まれ、面白かった」と前置きした上で、

「後味が悪いと感じたのもたしか。本場四川の味をうたった辛味を利かせた担担麺をありがたがってかっ食らったけれど、よくよく考えたら辛いだけだった、みたいな」

 展開はこうだった。開始早々、文科相を狙った爆弾テロが発生。特捜班の活躍で事件が解決したのもつかの間、今度は外相のぼんくら息子が、爆弾を首に巻きつけられる事件が勃発。1時間ちょっとの尺で2つの事件をテンポよく描いていたが、

「後半の復讐劇はどこかで見たような内容。犯人はドラマでよく見る役者で、早々に推測できた視聴者は少なくなかったはず。肝心の物語が緻密さに欠けていた印象です」

 西島の描き方にも不安要素が。

「香川照之と組んだ『MOZU』は輝いていたのに、ただのオッサンにしか見えない。今後、石田ゆり子を交えた秘密が明かされていくのでしょうが、2人の道ならぬ恋愛など見どころを出し惜しみすると世の西島ファンの不満を買うことになりかねません」

 2回目以降、味わい深い展開を期待したい。

 

 

【関連記事】

朝ドラ有村架純「だっぺ」も「もんぺ」もかわいいぞ

バラエティも“デキる”女優・木村佳乃、声優業もハマってる!?