吉高由里子が主演を務める映画「ユリゴコロ」の主題歌をRihwaが担当することが発表された。

「ユリゴコロ」は2012年に大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされた沼田まほかるの同名小説の映画化作品。吉高演じる生まれながらに“人間の死”を心のよりどころとしてきた女性・美紗子が、殺人という行為から逃れられず苦悩するさまを描く。共演には松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、松山ケンイチらが名を連ねる。監督は「君に届け」「近キョリ恋愛」の熊澤尚人が務めた。

Rihwaは本作のために新曲「ミチシルベ」を書き下ろした。2月にポリープの摘出手術を行った彼女にとって、同曲は3カ月の静養期間を経ての復帰作となる。主題歌を担当することが決定した際にスタッフとハイタッチで喜んだという彼女は、同曲について「愛することや生きていく上での困難、誰にも理解してもらえない孤独を映画を見た後に、音楽を通して共感していただけるような曲作りを目指した」と述べている。

主演を務める吉高は、「ミチシルベ」について「映画の雰囲気や世界観に沿った素敵な言葉が歌詞に散りばめられていて、これは美紗子の気持ち、これは洋介の気持ちなのかなと想像しました。壮大なラブストーリーを感じさせる曲を主題歌に書き下ろしていただき、とてもうれしい気持ちです」とコメント。また監督の熊澤は「『吉高さん演じる美紗子の目線と松坂さん演じる亮介の目線、どちらの気持ちも代弁している楽曲を書き下ろしてほしい。』それが私からのお願いでしたが、非常に映画とシンクロした、期待以上の楽曲を作り上げていただき本当にうれしく思っています」と寄せている。

 

 

【関連記事】

ソン・ヘギョ&ソン・ジュンギ、10月結婚へ

だいすけお兄さん、嵐との共演を熱望 二宮和也に「なんて良い人なんだ…」