櫻井翔大野智が出演する、コードレス・スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」の新CM「場所に合わせて掃除」篇と「掃除は立体的に」篇が、12日からオンエアされる。

 2010年から、日立白物家電シリーズイメージキャラクターを務めている嵐。これまでも、櫻井が同社のさまざまな製品を紹介するショールーム「櫻井ショーROOM」の支配人という設定で、各回、メンバーを“お客さま”として招き、最新家電を紹介してきた。

 今回の「場所に合わせて掃除」篇では、大野が客として「櫻井ショーROOM」を訪問。「パワーブーストサイクロン」を使って掃除をしている櫻井を見て「どうしたの?」と尋ねる。困り顔で「最近忙しくて(全然掃除できてないんですよ)」と返事をした櫻井に、大野は「手伝うよ」と申し出る。

 これを聞いた櫻井は「こうすると楽だから」と言いながら、目前で製品本体と「スマートホース」を接続して見せる。その後、大野は「ラクラク~」と、軽快に機体を操作してショールームの階段をきれいにしていく。

 続いて「上はこれ」と、延長パイプの先に「ほうきブラシ」を取り付けた櫻井。大野はまたも「ラクラク~!」と、笑みを浮かべながら壁面に飾られた絵画上部を掃除していく。

 さらに「次はこれ」と言いながら、櫻井が延長パイプの先に「ミニパワーヘッド」をはめ込む。「場所に合わせてできるんだねぇ~!」と感心する大野をよそに「お客さん来ちゃうよ」と製品を少し強引に手渡し、掃除を促す櫻井。「俺もお客さん…!」と突っ込みながらも、しっかり“従業員”であるかのようにソファを掃除する大野だった。

 大野の「手伝うよ」という申し出に、櫻井が「ありがとう」と製品を手渡すシーンの撮影ではハプニングが発生。大野が製品を持つ櫻井の手をなぜか包み込むようにそっと握りしめたのだ。突然の行動に驚いた櫻井は思わず声を出して笑い、「カット」と声が掛かると、「(受け取るのが)早いよ。手を持っちゃってるし!」とすかさず突っ込みを入れた。これには、大野も「ふふっ」と恥ずかしそうな笑みを浮かべた。

 

 

【関連記事】

新垣結衣、女優としてもチームを引っぱる存在へ 『コード・ブルー』9年間の成長を振り返る

『コード・ブルー』有岡大貴と『ウチの夫』薮宏太、先輩から何を学ぶ? “生意気な後輩”役を読む