映画『散歩する侵略者』から生まれたスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」の完成披露試写会が9月11日にスペースFS汐留で開催され、夏帆、染谷将太、黒沢清監督が登壇。黒沢監督が役者陣の鬼気迫る演技を讃えた。

劇団イキウメの人気舞台を黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』。「予兆 散歩する侵略者」は、『散歩する侵略者』のアナザーストーリーを新たな設定、キャストで黒沢監督がスピンオフドラマとして製作したもの。映画とはまた違った侵略サスペンスが展開する。

黒沢監督は「設定が秀逸。この設定を映画だけで終わらせるのはもったいないと思っていた」と基となった舞台の設定に感心しきり。「設定は同じで、同じ時間軸に、隣の街では何が起こっていたのかという発想のもと、もう1本作れないかと思った」と本作の成り立ちを解説した。

黒沢組に初参加となった夏帆は「とにかく緊張していました。ずっと黒沢組に憧れていて、黒沢組に参加するというのがひとつの目標でもあった」と夢が叶った瞬間だったという。「自分でも『しっかりしよう』と思うくらいずっとフワフワしていて。緊張感はあるけれど、萎縮してしまう緊張感ではなかった。すごく気持ちのいい現場だった」と充実の表情を見せていた。

染谷は『リアル〜完全なる首長竜の日〜』以来、2度目の黒沢組への参加となった。「黒沢さんの現場は楽しい」と「楽しい」を連呼し、「日々、面白い。起きていることが面白いし、黒沢さんがポロっと言う一言が面白くて。すごく楽しかった」とこちらも喜びを噛み締めていた。

また黒沢監督の現場は、染谷が「晩飯が家で食べられる。最高でした。なかなかそんな現場はない」と言うように、健康的な“ホワイト”な現場だそうで、夏帆も「毎日家でご飯が食べられる。こんな現場があるんだと思った」と驚愕。黒沢監督は「社会人として当たり前。普通だと思います」とサラリと語り、会場の笑いを誘っていた。

黒沢監督はそんな2人と、もう一人の主要キャストの東出昌大について「よくついてきてくれた」と感服。「かなりやりづらいことはあったはず。よくこんなハイレベルな鬼気迫る演技を3人ともがやってくれた」と彼らの演技を大絶賛していた。

 

 

 

【関連記事】

星野源、自身の音楽ルーツ込めたツアー「Continues」6万人熱狂のたまアリで幕

櫻井翔“お客さま”の大野智に指示を連発 「手伝うよ」の一言がまさかの展開に…